Event Special Cargo & General Forwarding

【貿易 実務】コンテナのフリータイム

貿易実務

おはようございます。株式会社パシフィックです。

これまでコンテナに関するブログを下記2件書いておりますが、

本日はコンテナを使用する時に出てくる言葉「コンテナのフリータイム」についてご紹介します。

フリータイム

フリータイムとは、コンテナの港での無料期間のことです。一般的に、ドライコンテナで7-14日となっております。この期間は船社によって異なり、延長申請も可能です。

フリータイムが必要な理由は、輸入通関に時間がかかることや、納品先のスペースが不足していることなどが挙げられます。

また、リーファーコンテナやオープントップコンテナは期間が短く、1週間くらいであることが多いです。

デマレージ

デマレージとは、フリータイムが超過すると発生する超過保管料金のことです。

日数によって加算額も増えるので、数万円になることもあります。

ディテンション

ディテンションとは、貨物をコンテナで配送先まで届け、そのコンテナを港まで返却する期間のことです。

コンテナは必ず返却する必要があるので、この制度が設けられています。

まとめ

コンテナのフリータイムが超過する要因として、通関に時間がかかることが主な原因です。

輸出前に必要な書類や制度をしっかり確認し、フォワーダーに相談することで余計な費用がかからないと思います。