Event Special Cargo & General Forwarding

【貿易 実務】内国貨物と外国貨物

株式会社パシフィック

保税地域や保税運送とセットで覚えた方が簡単な言葉、内国貨物と外国貨物について今回は書いていこうと思います。

保税地域についてはこちらから

まず「外国貨物」とは、「外国」とつくくらいだから、「外国から来た」貨物だと私は思っていました。実際はそうではなく、日本にあっても「外国貨物」を言われるものがあります。それはなんでしょう?

外国貨物とは
  1. 輸出の許可を受けた貨物
  2. 輸入通関手続きが済んでいない貨物
  3. 日本を通過する貨物

上記の3つがあります。

2と3は想像できますが、1は日本から出て行く貨物であっても、輸出許可が済んでいれば、「外国貨物」と言われます。

例えば、輸出許可を終えた貨物を、船や飛行機が出る前にキャンセルしたとしても、それらは「外国貨物」になるので、手元に戻すには「輸入手続き」が必要になります。

内国貨物とは
  1. 本邦(日本)にある貨物で外国貨物ではないもの
  2. 本邦の船舶により公海で採捕された水産物

こちらは外国貨物の逆と覚えると簡単です。

まとめ

貨物が「外国のもの」か「内国のもの」か判断するには、

輸入や輸出「許可がおりたかどうか」で判断できます。