いつもブログをご愛読いただきありがとうございます。このコロナ下におきまして、中止や延期されるイベントもございます。ご出展のご検討の際は、必ず最新情報をご希望される展示会の主催者様にご確認ください。今後とも宜しくお願いたします。

航空便の輸入通関

おはようございます。株式会社パシフィックです。

先日は、輸入通関はじめの一歩についてご説明しました。

本日は、航空便の輸入通関についてお伝えします。

株式会社パシフィック
株式会社パシフィック

船便はまた別の記事で説明するぞ。

航空便輸入で必要な書類は、主に下記の通りです。

  • インボイス
  • パッキングリスト
  • AWB
  • 商品のカタログや写真、説明できるもの
  • 他法令の許可書 など

ゆきな
ゆきな

上記は一例であり、ものによっては不要な書類もありますが、準備には時間がかかるものもあるので、先に用意しましょう!

株式会社パシフィック
株式会社パシフィック

それでは貨物の流れと輸入の流れを一緒に見ていきましょう!

輸入時の貨物の流れ

①輸入貨物を搭載した航空機が輸入地の空港に到着すると、航空会社の手配により、貨物が航空機から降ろされます。

②その後、空港地域の保税蔵置場に搬入されます。

航空貨物の場合、貨物ターミナルが保税蔵置場の役割を果たしており、ここで搭載用具から外されます。

③トラック等で保税地域の輸入上屋に搬入され、貨物の照合や点検、仕分け、損傷チェック等を行います。

ゆきな
ゆきな

そして輸入通関手続きに入ります。

④通関士による税版の振り分けが行われ、NACCSというシステムを使って申告が行われます。

株式会社パシフィック
株式会社パシフィック

書類上問題がなければ、そのまま許可になることもあれば、貨物検査をすることになると検査の指定表が送られてくるよ。

無事、許可が降りたらあとは輸入者の支持する場所へ配送されます。

ゆきな
ゆきな

航空便貨物の魅力は、空港に貨物が到着してからスピーディーにものが運ばれる点ですね。

いかがでしたか。

船便についてはまた別の記事でお伝えします。

Have a nice day!