軽貨物事業 Pacific Gateスタート

精密機器 運搬をダメージなしに行うには

scenic view of sea against sky at sunset

精密機器運搬をダメージなしに行うには

今度施設移転を行うのだけれど、精密機器 運搬をするにあたっって
はたたしてどうすればよいかどこから始めればよいか

精密機械を移設先へ安全に設置するための準備や手順を知りたい。
という方向けにいくつかのポイントを記事にしてみました。

精密機器 運搬時のリスク回避策重点的に考える

まず精密機器周りの梱包をあるゆるリスクを想定して行います。

精密機器 運搬時は機械の中の養生、出荷時、移動、設置開梱を想定した養生&梱包が必要です。

精密機器 運搬は養生&梱包が命といっても過言ではありません。

全体工程、あらゆる場面を想定して精密機器 運搬計画をすることで、精密機器 運搬時の大抵のリスクを避けることが出来ます。

例えば、輸送中の揺れ、衝撃、ちょっと引っ掛けてしまうなど、十分な事前準備、梱包&養生をしっかりすることで、個体のダメージリスクを軽減し、100%防ぐことも出来ます。

精密機器 運搬 移動途中には、トラック移動、フォークリフトでの扱いなど、多少なりとも揺れる場面が想定されます。

もちろん、「梱包とかしてもしなくとも、この前うまく行ったとか、エアサスだから大丈夫とか、とにかく事故にあったら壊れだろっ」という話はあるとは思いますが、

精密機器 運搬時は特にしっかりと養生&梱包することで、最悪なケースを避けられることも多々あります。

もちろんそれを際限なく闇雲にやればいいわけではなく、やはり経験に裏付けられた方法の実施が必要です。

ということで、当然ではありますが、精密機器 運搬の時は計画を綿密に立て、養生&梱包をしっかり行うのが良いです。

では実際具体的にどう行えばよいのか?については、
また次回説明してゆきます。

今日は以上です!