軽貨物事業 Pacific Gateスタート

CIPとCIFの違い とCPT解説

FCA、CPT、CIP条件

国際貨物の取引条件、インコタームズ用語の中で、FOB、CFR,CIFはよく使われるのでよく耳にすることも多いかと思います。

一方でFCA、CPT、CIPという用語は比較的耳慣れない方もいらっしゃっるかもしれません。

違いとしては、FOB、CFR,CIFは在来船のための条件であるのに対し、FCA、CPT、CIPはコンテナ船で使われる条件です。

コンテナ輸出に最適な、FCA、CPT、CIP条件のなかで、

今日は、CPT(輸送費込み (指定仕向地を挿入))/Carriage Paid To (insert named place of destination)について説明します。

CPT(輸送費込み (指定仕向地を挿入))/Carriage Paid To (insert named place of destination)

この条件は、EXW、FCA、CIP、DAP、DPU,DDP同様いかなる単数または複数の運送手段にも適した規則 (Rules for Any Mode or Modes of Transport)とされています。

CPTはCIPと条件ほぼ同じなのですが、輸出の際、売り主が指定した運送人に商品が引き渡した時点で、危険負担が買主になるという規則です。なのですが、輸送費に関しては、指定した仕向地までの費用を売り主が負担するという条件です。

もう少し細かく説明すると、危険負担のが変わるタイミングは、CPT、CIP,FCA同様、

・CY : コンテナ(CY)の場合は、コンテナがCYゲートに搬入された時点
・CFS : CFSの場合は、例えばトラックに積んだ(運送人に引き渡した)時点

で危険負担が買主側となる条件です。

条件上運送費はCIFと同様、仕向地まで売り主が持つのですが、危険負担は買い主になるということで、

注意することとして、初めてこの条件ですすめる際は、貨物保険の条件範囲を双方でよく確認して、漏れなく加入する必要があると思います。

売り主輸出者側が、船のブッキングや通関、輸出と一連の流れで、行いやすいということで、この条件が使われることが実務的には存在し、インコタームスもいろいろな条件に合致したルールが作られています。

確かに買主が、売り主の港周りを手配するよりは、売り主にそこまで任せたほうが、費用面で折り合えるのであれば、スムーズだなと考えます。