軽貨物事業 Pacific Gateスタート

これは輸入できるのか?

日本にはなくて、諸外国にはあるもの、たくさんありますよね。逆も同じで、日本にはあって、あの国にはないなーというもの。ではそれを見つけた時、なんでもかんでも輸入できるか?というと答えはNOです。

また、輸入はできるけど、特別な承認が必要なものもあります。

本日は、下記のようにわけてご説明したいと思います。

  1. 輸入が禁止されているもの
  2. 輸入が制限されているもの
  3. 指定機関から確認を取ることで輸入可能なもの
  4. 制限なし

輸入が禁止されているものの代表例

麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具

指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)

けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品

爆発物

火薬類

化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等

貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)

公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品

児童ポルノ

特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品

不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為を組成する物品

税関のHPより

ゆきな
ゆきな

NGなのはなんとなくわかるような気がするものばかりですね。

輸入が制限されているものの代表例

次に、輸入は禁止ではないですが、もし下記のようなものを輸入したい場合は、経済産業省などから「承認」を受けないと、輸入許可がおりません。

農薬

生きているにしん(クルペア属のもの)、

たら(ガドゥス属、テラグラ属又はメルルシウス属のもの)、

ぶり(セリオーラ属のもの)、さば(スコムベル属のもの)、

いわし(エトルメウス属、サルディノプス属又はエングラウリス属のもの)、

あじ(トラクルス属又はデカプテルス属のもの)及び

さんま(コロラビス属のもの)

帆立貝、貝柱及びいか(もんごういかを除く。)

(生きているもの、生鮮のもの及び冷蔵し、冷凍し、乾燥し、塩蔵し又は塩水漬けしたものに限る。)

さけ及びます並びにこれらの調製品

(中華人民共和国、北朝鮮及び台湾を原産地又は船積地域とするもの)

経済産業省のHP

株式会社パシフィック
株式会社パシフィック

海産物は注意してほうがいいですね。また、これらは一例です。随時、経済産業省のHPをチェックしてください。

指定機関から確認を取ることで輸入可能なもの

たとえば、食品を輸入したい時は食品衛生法

食品ではないが、口に触れるお皿やおもちゃも、食品衛生法

肉は、食品衛生法に加えて家畜伝染病予防法

植物は、植物防疫法

などです。

ゆきな
ゆきな

なにががいとうするかわからないよ〜というときは!

HS CODEから、どの法令の許可が必要かがわかります。

HS CODE 一覧表(日本関税協会)から、該当するHS CODEを入力すると、右横にどの法令に触れるか注意書きが出てくるので、そちらを参考にしましょう!

いかがでしたか。輸入には事前の準備が大変重要になります。準備さえ行っていればあとはスムーズにいくことがほとんどなので、しっかりと取り組みましょう。