Event Special Cargo & General Forwarding

輸入実務の仕組み

輸入は輸出の逆であり、実務の大部分は輸出と同じです。

1)輸入マーケティング活動

国内市場を調査し、ニーズを把握し輸入する商品を選びます。次に、海外市場における供給を調査、輸出者を見つけて連絡を取ります。

2)輸出者の信用調査

輸出者の信用を確認できたら、取引交渉に入ります。その後、売買契約を結び、輸出者に対し買契約書を、国内販売先に対して販売契約書を送付します。

3)信用状の開設依頼

代金決済方法が信用状による場合は取引銀行に信用状を開設してもらいます。

4)為替予約

銀行との間で為替予約を結びます。

5)船の予約、保険の付保

貿易条件によっては輸入者が船の予約、保険の手配をします。

6)輸入代金の決済

輸出地で船積みが終わると輸出者から船積み通知が送られてくるので、輸入通関の準備に入ります。また、輸入代金の決済のため、選択した方法で決済を行います。

7)貨物の受け取り

決済を行なったら、輸入申告に入ります。関税を納付し、輸入許可を受ければ、貨物を国内に引き取ることができます。