Event Special Cargo & General Forwarding

オンライン展示会が主流になったら

展示会

こんにちは。新型コロナウイルスの影響により展示会が中止・延期になってから数ヶ月が過ぎました。展示会場に行ける機会がゼロになり、寂しい日々を過ごしております。

もともと、人混みから生み出される熱気、来場者のワクワクしている姿、出展者のいきいきと自社をPRする姿などが好きだったので、年内開催は厳しいのではないかという声を聞くと胸が痛みます。

一般的に展示会は春と秋に開催されることが多いと思いますが、春開催のものはほぼほぼ延期、キャンセル。それ以降も現時点での見通しは全く立っておらず、仮にこの状況が改善されたとしても、大規模イベントへの視線は厳しいものになりそうですね・・・

そこで最近聞くようになったのが、オンライン展示会。

主催者が公式サイトなどで行うものと、出展者が単独で行うパターンの2種類が主のようです。

「オンライン展示会」で検索すると、すでに開催されたものもあり、資料のダウンロードや動画の閲覧が可能であったり、定期的なオンラインセミナーも開催されていたりします。

単独ではHondaがバーチャル展示会を今年の4月に行ったようです。

このままオンライン展示会が主流になって、世界中の人が場所・時間に捉われず、外出できない人もインターネットを使って平等に参加できたら、それはそれで素晴らしいことだと思います。

でも、私は今まで簡単に会えた人になかなか会えない、話せないことを初めて経験し、これまでの有り難さをとても実感しています。

展示会も同様、目にして初めてわかる驚きや感動、人の熱意があります。

オンライン展示会の良さ、今までの展示会の良さの両方の特性を活かすことのできる展示会にもこれから関わっていければいいなと思います。