Event Special Cargo & General Forwarding

【貿易 実務】通関手続き

貿易 実務

貿易に携わるお仕事をしていると、「通関」という言葉は切っても切れない存在になりますが

「通関」手続きにもステップがありますので、今回は税関の立場を含めた「通関手続き」について説明します。

通関手続きとは:

海外へ商品を輸出する場合または海外から商品を輸入する場合は、いずれも税関に対して輸出申告や輸入申告を行い、税関の許可を得る必要があります。この一連の流れのことを「通関手続き」といいます。

 

1.通関業者による輸出申告・輸入申告

通常NACCSで行われる。

2.税関による審査

税関では、NACCSによるデータを利用して審査される。

以下の3つに区別されて審査される。

区分1 簡易審査扱い 申告後すぐに許可が出る。輸入申告は納税後。

区分2 書類審査扱い Invoiceやその他書類を用いて審査される。

区分3 現品検査扱い 書類+現品検査が行われる。

 

書類+現品検査ではどのようなことが行われるのでしょうか。

書類+現品検査でチェックされること

  • 食品衛生、薬品など法に則った手続きがなされているか。
  • 覚せい剤等の違法麻薬、偽物など不正商品がないか。
  • 申告価格に偽りがないか。
  • 申告書類の記載内容と現品が一致しているか。  など。

 

現品検査はどこで行われますか。

税関町が指定した検査場所(指定票が送付される)で行われます。

  • 検査場検査 :税関の官署内の検査場または特定された検査場。
  • 現場調査 :税関の検査場への搬入が困難な貨物は、対象貨物が蔵置されている場所に税関の係官が出向き、検査を行う。

この検査で不許可の場合、輸入できないので滅却処分や輸出国への返送となる。

 

3.輸出許可・輸入許可

以上の手順を用いて許可となり貨物を引き取ることが可能になります。