Event Special Cargo & General Forwarding

【貿易実務】輸入通関について

外国からの輸入貨物は、輸入の許可を受けなければ国内に引き取ることはできません。しかし、この原則を守って許可までの期間が長引かせて、輸入者のビジネスチャンスを逃すことはとても勿体無いですよね。

それを防止するために、輸入許可を得る前に関税額に相当する額の担保を税関長に提供することにより、貨物を保税地域から引取ることを認める制度があります。BP(Before Permit)承認制度です。

BP(Before Permit)制度とは

輸入許可される前に、税関長に関税額に相当する金額を支払い、貨物を引取ることを認める制度

例えばこんな時に使えます。

例)

  1. 新規輸入品であるなどの理由により課税標準の審査・検査に日時を要するなど税関側の事情により輸入許可が遅延する場合。
  2. 輸入貨物が動植物、貴重品、危険物である場合など、申告者側において特に引き取りを急ぐ場合があると認められるもの。
  3. インボイスがプロフォーマーであること、または契約が揚げ地ファイナルであることなどなどの理由により、課税標準の決定に日時を要する場合など、申告者側の事情により輸入許可が遅延する場合。
  4. 原産地証明書の提出が遅れる場合。
  5. その他。

注意点)

  • BP承認後、不明であった数量、価格等が確定した際はこれらの資料を税関に提出して輸入許可を受けます。
  • 輸入貨物が輸入してはならないもの、他方令の許可、承認を受けていないもの、および原産地を偽ったもの等、輸入許可を得られないものについてはBP承認制度を受けることはできません。